大豆の栄養素と大豆イソフラボンの種類

プエラリアとイソフラボンの違いはなに?

プエラリアとイソフラボン、この両者はともに女性の美容に役立つ成分としてよく聞く名称です。両者ともに女性ホルモンhttp://xn--eck7bvd2a5dzc.asia/のエストロゲンによく似た働きをする成分を含んでいることが広く知られていますし、ともにバストアップやアンチエイジングに効果が期待できるものとして、多くの女性がサプリメントとして利用しているものです。この両者の違いはどんな点にあるのでしょうか。そしてそれぞれの強みや弱みはどこなのか、バストアップ効果やアンチエイジング効果を期待してサプリメントを選ぶときにはこれらの点に留意して、自分に合ったサプリメントを選んでいきましょう。

一般的に、イソフラボンというと正確には大豆イソフラボンのことを指し示すことがほとんどです。その名の通り、大豆に含まれるポリフェノールの一種で、植物性エストロゲンであるダイゼイン、ゲネステイン、ゲネスチン、ダイジンなどのことを指します。これらは人間の体内でもエストロゲンと同じように作用があり、女性らしいボディラインを作ったり、アンチエイジング、月経周期を整える、更年期症状を緩和する、といった女性にうれしい効果がたくさん期待できるものです。その効き方は非常に穏やかで大豆に対する食品アレルギーがない限りは安心して摂取できるものです。

対してプエラリアは比較的最近人気が高まったサプリメントで、同じく植物性エストロゲンを含みます。大豆との違いはプエラリアが含有している植物性エストロゲンの種類の多さと作用の強さです。つまり、即効性がありその効き方も強力なのがプエラリアなのです。強力な効き目がゆえの副作用被害が後を絶ちませんので、プエラリアの摂取には注意が必要です。

効き目は穏やかなもののより副作用のリスクを低く抑えることができるのは大豆イソフラボンの方ということになります。

ページのトップへ戻る