大豆の栄養素と大豆イソフラボンの種類

イソフラボンでホルモンバランスを整える

イソブラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあると言われています。エストロゲンには女性らしい丸みを帯びた体つきになったり、自律神経や感情の動きや脳の働きを整えたりする働きがあります。また、卵胞の成熟を促し、受精卵の着床しやすくなるように子宮内膜を厚くする作用もあるので、妊娠を希望する女性にも重要なホルモンの一つです。

個人差はありますがエストロゲンは40歳ころから分泌量が減少します。ホルモンバランスが崩れ体調が優れない等の不調となって現れることがあります。そこで減少したエストロゲンを補うために構造が似たイソブラボンで補うことが大切になります。また、イソブラボンはエストロゲンを補うだけでなく、増えすぎたエストロゲンを抑える役割もあります。

エストロゲンは不足しているのか、多すぎないかというのは自分ではわかりにくいですよね。しかし、イソフラボンは女性ホルモンのバランスを整える働きがあるので積極的に摂取しましょう。

イソブラボンは普段の食事で簡単に、そして効率よく摂取することができます。豆腐はイソブラボンだけでなく、低カロリーで肉、魚に劣らない良質なたんぱくが含まれます。代謝UPの効果もあるのでダイエット中にもおすすめの食材です。甘いものを食べたいときは、イソブラボンが豊富なきな粉を使ってみましょう。クッキーやホットケーキに混ぜてもおいしいですよ。きな粉トーストも簡単なので、忙しい朝の朝食にいかがでしょうか。

ページのトップへ戻る